お弁当のリンゴを変色させない方法

 【お弁当の林檎】

 美味しくて栄養価の高いリンゴはお弁当にぴったりですが、

 お弁当を開けると、時間の経過とともに茶色くなって見た目が悪いですよね。

 そんな時は、切ったリンゴをレモン味の炭酸飲料に5分程度つけておくと、

 時間がたっても変色しにくくなり、

 ビタミンCやクエン酸が加わってよりおいしくて、栄養価が高いものになります。

 ☆ワンポイント

 炭酸が抜けた物でも効果があります。

冷奴をおいしくする方法

冷やっこを食べる前に、一度熱湯に通して1分ほどゆでてから冷やすと、買ってきたままの豆腐を食べるよりも、豆腐の味がよりよく味わえて、おいしく食べる事が出来ます。

リンゴの置き場所

買い置きしてあるジャガイモとリンゴを一緒に保存しておくと、ジャガイモの発芽をリンゴが抑えてくれます。

逆に、リンゴとバナナを同じポリ袋に入れておくと、バナナの成熟が加速され、普段よりも速く成熟したバナナを食べる事ができます。

 

☆ワンポイント

しばらく食べるつもりは無くても、部屋にリンゴを置いておくだけで生活臭をカバーすることができます。

ニンジンは皮をむかなくていい?

普段よく食卓にならぶ野菜の代表ともいえる人参。

カレーに入れる際や、

サラダに添えるなど利用されるケースは多いですが、

その都度、皮をむいて使用しているという人も多いはず。

もしかしたら殆どの方がしているかも。

ピーラーを使ったり、包丁の裏を使ったりと、

意外と面倒ですよね。

しかし、なんと、それあまり意味のない作業かもしれません。

というのも、

ニンジンは、農家から出荷される際に洗われているのですが、

その際に、皮と呼ばれる部分も同時に落とされているのです。

なので、スーパーで購入した時にはもうそのまま使える状態なのです。

しかも、ピーラーで削ぎ落している部分にはより多くの栄養がふくまれているので、非常にもったいないです。

手間の削減と栄養確保という二つを兼ね備えたライフハックのご紹介でした。