効果的な換気で素早く空気を入れ替える

 エアコンを使う機会が増えたこの時期、

 コロナ対策としても換気はしっかりと素早くしたいです。

 
 まず、窓を開ける時に、対角線上の二つの窓を開け、

 空気が入ってきている窓は小さく、

 そして出ていく窓は大きく開けると、
 (できれば扇風機を外に向けて設置)

 気流が強くなり、換気効率が飛躍的に上がります。

 
 ☆ワンポイント

 換気扇を使うときは、窓から一番離れているものを使うと効果的です。

 壁についている換気扇よりも、キッチンにあるレンジフードの方が、縦方向に空気が流れるうえ、電気代も安いのでお勧めです。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


バスタオルを使わないという選択も!

 大きなバスタオルは、洗濯機に入れた際にかさばり、他の衣類が洗濯槽の中で回転しずらくなって汚れが落ちにくくなることがあり、

 干す時も、大きなスペースをとる上、乾燥に時間がかかることも多いです。

 手間暇を考えるなら、あえてバスタオルを使わないという手もあります。

 その代わりに、フェイスタオルを2枚使用すれば、十分に体を拭けて、洗濯も楽になります。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


インスタント焼きそばを美味しくする裏技

 簡単に作れて美味しいカップ焼きそば等のインスタント麺の焼きそば。

 しかし、十分に水をきっても、少し水っぽくなってしまいますよね。 

 そんな時は、通常より1分ほど早くお湯を捨てて、

 ソースをかけずに、電子レンジで温めると、余分な水分が飛んで、

 生麺のようなモチモチの食感になり、よりおいしく食べる事ができます。

 ☆ワンポイント

 容器がレンジ対応かご確認ください。

 
 インスタントではない、生麺タイプの焼きそばは、

 先にレンジで温めてからフライパンでいためるとパラリとしておいしくなります。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


クリスマスに安くなる食材

 鶏肉料理が多く出回るクリスマス。

 ローストチキン等がスーパーの店頭に並びますが、

 この時期、逆に普段より安くなる食材があります。

 それは、鶏の内臓。

 鶏肉料理を調理する為、当然内臓等も多くでますが、

 この時期はあまり需要が無いためどうしても値段が安くなる傾向にあるそうです。

 鶏肉料理に飽きた方は、レバーや砂肝料理を楽しむとお得です。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


スーパーのお刺身を美味しくする方法

 スーパー等で購入したお刺身は、家庭の食卓で食べるまでにはどうしても時間がたち、生臭さがでてしまいますよね。

 この原因はトリメチルアミンという物質。

 しかし、これは水に溶けやすいという性質があるので、

 水道の流水でさっと刺身を洗って、キッチンペーパーで水分をとると、

 生臭さが無くなり、美味しく食べる事ができるようになります。

 ☆ワンポイント

 脂身の多い魚ほど効果的です。

食中毒の予防にもつながります。

 さらにおいしくする裏技として、日本酒と塩を少々揉みこむと、

 魚の旨味がひきたちます。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


玉ねぎを生でも美味しく食べる方法

 血液をサラサラにする成分を多く含む玉ねぎ。

 特に、生で食べると効果が高くなるので、サラダがお勧めですが、その際は、横に半分に切って下半分を使うと、

 繊維が柔らかく、生食に適しているので美味しいサラダを作ることができます。

 ☆ワンポイント

 一年中手に入りますが、特に9月から旬となるので栄養価が高くなり、抗酸化作用のある「ケルセチン」を2倍近く多く含んでいるそうです。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


そうめんの上手な茹で方

 【そうめんを茹でる時は梅干を】

 水は沸騰するとアルカリ性に大きく傾きます。

 すると、そうめんに含まれるでんぷんが水に多く溶けだしてしまい、

 特に細い素麺だと、コシのない麺になってしまいます。

 しかし、梅干を一つお湯に入れておくと、水が酸性に傾き、プリプリした美味しい麺に茹でる事が出来ます。

 ☆ワンポイント

 たっぷりのお湯で茹でる事も美味しい素麺を作る上で非常に大事です。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


まだ青いトマトをお家で追熟する方法

スーパー等で購入してきたトマトを、すぐに冷蔵庫に入れるのはもったいないです。

 まだ青みが残っているトマトは特に。

 通常、店頭で売られているトマトは熟す前に収穫しているので、家庭で追熟することができます。

 冷蔵庫に入れず、ヘタの部分を下にして太陽の当たる場所に数日置いておけば、甘さと栄養価が増し、綺麗な赤色のトマトになります。

 
 ☆ワンポイント

 ミニトマトは、完熟してから収穫しているので冷蔵庫に入れてすぐに食べた方がおいしいです。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


「粉末洗剤」と「液体洗剤・ジェルボール」のメリットとデメリット

粉末洗剤は泥やシミに強く、液体洗剤は油汚れに強いと言われますが、ご家庭の環境によって、一概には言えないので、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

〇粉洗剤のメリットとデメリット

メリット

アルカリ性なので洗浄力がとても強い。

値段が安い。

見えない汚れもしっかり落とし、白い衣類なども黄ばみにくい。

お風呂の残り湯(30℃以上)と相性がいい。

デメリット

衣類を痛めやすい。

ウール等のデリケート素材と相性が悪い。

液体洗剤に比べ洗濯時間がかかる。

粉末が十分に溶けないと洗浄力が落ち、溶け残りがカビの原因になる。

低い温度の水と相性が悪い。

こぼしてしまうと掃除が大変。

〇 液体洗剤・ジェルボールのメリットとデメリット

メリット

短い時間でも効果が期待できる。

衣類に優しい。

色落ちしにくい。

すすぎが一度でいい。

部屋干しに強い。

柔軟剤入りの物もあり便利。

除菌効果や消臭効果が高い。(香りがいいものも多い。)

直接ピンポイントで汚れの染みにかけられる。(液体洗剤)

場所をとらず手間なく使えて簡単。(ジェルボール)

デメリット

粉末洗剤と比べて割高。

見えない汚れが残っている場合がある。(黄ばみの原因になることも。)

詰め替えが面倒。

洗浄力は粉末洗剤より劣る。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


粉洗剤と液体洗剤の違い

 粉末洗剤は、アルカリ性の力で泥や食べ物のシミ等、酸性の汚れを落とすことに優れています。

 一方、液体洗剤は界面活性剤の力で、水と油を融合させて、衣類に洗剤を浸透しやすくさせるので、油汚れに適していると言われています。

粉末洗剤と液体洗剤のメリットとデメリット

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より