お弁当のリンゴを変色させない方法

 【お弁当の林檎】

 美味しくて栄養価の高いリンゴはお弁当にぴったりですが、

 お弁当を開けると、時間の経過とともに茶色くなって見た目が悪いですよね。

 そんな時は、切ったリンゴをレモン味の炭酸飲料に5分程度つけておくと、

 時間がたっても変色しにくくなり、

 ビタミンCやクエン酸が加わってよりおいしくて、栄養価が高いものになります。

 ☆ワンポイント

 炭酸が抜けた物でも効果があります。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より

簡単!子供用カレーの作り方

小さいお子さんのいる家庭では、別々にカレーを作ったり、子供にあわせて辛さを抑えたカレーを作ってみんなで食べるなど、色々不便なもの。

そんなときは、大人用の辛口カレーに、粉末ポタージュスープの素を好みにあわせて混ぜれば、辛さを抑えて、子供好みのカレーを作ることができます。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より

カレーの隠し味

カレーにリンゴやトマトを入れると味がまろやかになることはよく知られていますが、これは酸味がプラスされることによるもの。

なので、リンゴやトマトがないときは、代わりにお酢を小さじ一杯くわえることでも味がマイルドになって食べやすくなります。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より

ステーキ肉を美味しくする方法

固いステーキ肉でも、10分~20分間コーラに漬けてから焼くと、コーラの成分である酸味料が肉のうまみ成分を閉じ込め、肉を柔かくし、ジューシーで美味いステーキ肉に仕上がります。

☆ワンポイント

片栗粉をまぶしてから焼くと、臭みが無く、やわらかくなります。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より

インスタントラーメンを美味しくする方法

インスタントラーメンに、大さじ1~2杯程度の日本酒を混ぜると、アルコールが麺の油臭さを消し、日本酒のうま味成分がスープの味をまろやかにして、より美味しいラーメンになります。

☆ワンポイント

日本酒の代わりにワインを数滴垂しても一味違った味に仕上げてくれます。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より

パラパラのチャーハンの作り方

料理店のような強力な火力がない家庭でチャーハンを作る場合、炒める前に電子レンジで1~2分あたためてから火にかけると、パラリとして、おいしいチャーハンを作る事が出来ます。

☆ワンポイント

炒める前に十分にフライパンを熱しておくことも重要です。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より

お肉を柔らかくする方法

お肉をビニール袋に入れ、そこにワイン、もしくはマリネ液を注ぎ込み、そのまま一晩漬けておくと、肉のpHが下がり、保水力が高まって柔らかくておいしいお肉になります。

☆ワンポイント

スジが多い肉には、キウイやパイナップルをすりおろしたもので漬けておくと、肉のすじを酵素が分解してくれます。(缶詰の果物は効果無し)

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より

カチカチになったおにぎり

コンビニ等で購入したおにぎりを、冷蔵庫に入れたままにしてカチカチにしてしまった時は、表面に日本酒を振りかけてラップに包んでから電子レンジで温めると、ふっくらとした美味しいおにぎりに戻すことが出来ます。

 

☆ワンポイント

アルコールは熱で飛んでしまいます。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より