シチューは蓋無し

シチューやカレーを煮込む際、ふたをしたまま煮込むと、蒸気や肉の臭みが抜けにくくなるので、煮込む際には、ふたをとりはずしてからすると、程よく水分が抜けて、肉の臭みのないまろやかな仕上がりになります。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


卵のM玉とL玉

卵は、MやL等の大きさにかかわらず、中の卵黄の大きさはほとんど同じなので、料理の目的や趣好に合せて選ぶようにし、卵黄だけを使う料理なら小さい卵を使ったほうが無駄が少なくなりお徳です。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


安心できるお肉の店

お肉を購入する際、JAS法を守り、正しい商品説明をし、適正な価格で販売していることを証明する「適正表示の店」という看板やシールのある店は、良質なお肉を購入する際の目安となります。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


お肉を柔らかくする方法

お肉をビニール袋に入れ、そこにワイン、もしくはマリネ液を注ぎ込み、そのまま一晩漬けておくと、肉のpHが下がり、保水力が高まって柔らかくておいしいお肉になります。

☆ワンポイント

スジが多い肉には、キウイやパイナップルをすりおろしたもので漬けておくと、肉のすじを酵素が分解してくれます。(缶詰の果物は効果無し)

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


新しいキュウイ

まだ十分には熟れていない、お店で買ったばかりのキュウイを、早く熟成させたい場合は、バナナやリンゴと一緒の袋に入れて置いておくと、熟すまでの時間を大幅に短縮する事が出来ます。

☆ワンポイント

もっと早く食べたいという時は、ラップに包んで電子レンジで暖めるという方法もあります。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


ニンニクの匂い消し

料理の前に生ニンニクを皮付きのまま電子レンジで一度あたためると、その後どう料理しても匂いの元のアリシンという成分が出てこなくなるため、食後に嫌な匂いが残らなくなります。

☆ワンポイント

通常、家庭で使用する程度の量ならば、あたためる時間は一分が目安です。

レンジであたためることによって、ニンニクの皮も剥きやすくなります。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


おいしい卵焼き

フライパンにしいた油の中に、マヨネーズを加えてから溶き卵を流し込むと、コクと風味のあるおいしい卵焼きを作る事が出来ます。

☆ワンポイント

溶き卵に少量の牛乳を加えると、ふっくらとした卵焼きになります。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


ステーキ用の肉

ステーキ用の肉を選ぶときは、肉の厚みを重視して買うとよい。

肉厚の厚い肉は、薄いものに比べて、焼いた時に肉の旨みが逃げにくいため、おいしく食べる事ができるため。

☆ワンポイント

ステーキ肉を焼く時は、一度強火で全体の表面を焼くと、肉汁が外に出にくくなります。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


おいしいさんま選びのポイント

〇胴回りのふっくらしたものは脂がよくのっている。

〇背の部分が青々としていて、口先がオレンジ色をしているもの。

☆ワンポイント

「プロの仲買人は口先を見て買う」といわれるほど口先の色は重要なようです。

さんまの旬は11月ごろまで。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


固くなったチーズ

固くなってしまったチーズには、ウィスキーを数滴たらしたあと、器に入れてふたをしておくと柔らかさを取り戻します。

☆ワンポイント

ウィスキーにはチーズをおいしくする効果もあるようです。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より