収納庫のカビ予防

台所の流しの下や食器棚、普段あまり使わない下駄箱などの、風通しの悪い場所などは湿気がこもりやすいもの。

そんな場所は、月に一回程度、ドライヤーの熱風を全体にかけてやると、湿気を取り除きカビを予防することができます。

焦げ付いた鍋の修理

鍋やフライパンが焦げ付いてしまった時には、水を張り、重曹を入れて沸騰させた後、火を止めて数時間放置しておくと焦げが浮き上がってきます。

残った焦げは、タワシなどでこすれば簡単に落とせます。

 

☆ワンポイント

アルミ製の鍋は黒ずんでしまう場合があるのでお控えください。