5年間保証はお得?

電化製品を買う時、お店によっては商品の5%程度を払って、

5年間の保障をつけれる場合がありますが、

自分の不注意や、盗難などの時には対応してもらえないなど、

それが本当にお徳かどうかは疑問です。

電化製品は俗にシンプルな製品ほど壊れにくいといわれているので、

精密機械やオプション機能の多い複雑な商品以外はつけない方がお得かもしれません。

スーパーのお得な時間帯

スーパーの生鮮食品のお買い得な時間帯は、閉店直前や翌日が休日の日が有名ですか、そのスーパーによって他にも安くなる時間帯もあります。

中には、決まった曜日の午前中や、正午の場合があります。

刺身で調べるのが一番解りやすいので、何時が一番安いのか一度調べてみるといいでしょう。

プライベートブランドはお得

デパートやスーパーが独自に生産している商品は余分なコストがかかっていない、同じレベルの品質のものよりも安く、かなりお得です。

中には、同じ会社が生産しているものでも、定価が安くなっているものもあります。

デパートの金券・商品券のお得に使う裏技集

■デパートに行く前に金券ショップへ

金券ショップでは、デパートの商品券が額面の2~5%引きで売られています。

デパートで何か買う予定があるのならば、商品券を購入していけば、1万円で500円程度お得です。

 

■金券ショップで商品券を安く買える時期

金券ショップで売られているものは、時期によって値段が違う場合があります。

デパート商品券も、お中元やお歳暮の時期になると高くなりますが、そのピークが過ぎると値崩れして安くなります。

 

■金券ショップで商品券を安く買える時期

金券ショップで売られているものは、時期によって値段が違う場合があります。

デパート商品券も、お中元やお歳暮の時期になると高くなりますが、そのピークが過ぎると値崩れして安くなります。

 

■デパートの商品券は、デパートから離れた金券ショップで

デパートに近い金券ショップでは、そのデパートの商品券は高値で売られています。

出来るだけ安く売っているデパートから離れた金券ショップで買えばお得です。

食べ物の記念日一覧

スーパー等は、食品の記念日にあわせて大量に商品を仕入れて、売り出しも派手にします。

そのような時は、お値打ちな値段となることがあるので、チェックしておくとお得です。

毎月15日=イチゴの日
毎月28日=鶏の日
毎月29日=肉の日

1月6日=ケーキの日
1月17日=おむすびの日
2月6日=海苔の日
2月9日=ふぐの日
6月1日=チーズの日
6月2日=カレーの日
7月2日=うどんの日
7月10日=納豆の日
8月6日=ハムの日
10月10日=マグロの日
10月18日=冷凍食品の日
11月7日=鍋の日

デパート専用のクレジットカードを作る

よく利用するデパートがある場合は、そのデパートのクレジットカードを作るとお得です。

多くの場合は5%割引特典がついています。

翌月に一括で返せば、利子を約1%程度と計算しても約4%はお得になります。

デパートの友の会に入会

大手のデパートの多くには友の会があります。

これは、毎月一定の金額を積み立てると一年後に一か月分の利息がついたカードや商品券がもらえる制度です。
(5000円コースの場合は、5000×12ヶ月=6万円を積み立てることで6万5000円がもらえます。)

入会した時点で記念品・お中元・お歳暮の割引等の特典がある場合もあります。

着物が安く買える月

着物は季節の変わり目や在庫整理されるときに安くなります。

目安として、春物は6月・夏物は8月・秋物は12月です。

車の暖房代

車で出かけた際、ガソリン代節約のために暖房をつけない方がいます。

しかし、大量の電気を使う冷房と違い、

暖房の場合は、エンジンの熱をそのまま利用しているので、意外とエコです。

燃費に殆ど影響ないので、がまんするのはやめましょう。

 

☆ワンポイント

そのため、エンジンが温まるまでは暖房の力が弱いです。

車のタイヤはローテーションで

車のタイヤは、長期間、同じ位置で使い続けると、偏った摩耗をしてしまい、タイヤの寿命が極端に短くなってしまったり、雨の日にスリップしやすくなり事故になる可能性も高くなります。

冬用タイヤに変える時等に正しい方法でローテーションすることでタイヤを長持ちさせることが出来ます。

正しいローテーションの仕方はこちらでご確認ください。