冷凍した魚の解凍

まぐろの刺身等の冷凍した魚は解凍に時間がかかってしまうもの。

そんな時は、ジッパー付きのポリ袋に入れて、水を張った鍋に入れておくと、解凍時間を大幅に短縮することができます。

☆ワンポイント

30分ぐらいが目安です。

スパゲティーをゆでる時に吹きこぼれない裏技

スパゲティーを茹でる際、少し目をはなした隙に吹きこぼれてしまったという経験も多いはず。

そんな時は、お湯の中に、バターを大さじ一杯いれると、吹きこぼれることがなく、しかもおいしく茹でることができます。
 

☆ワンポイント

バターの代わりにマーガリンでも大丈夫です。

熟しすぎてしまった柿

秋の味覚「柿」。

しかし、熟しすぎてジュクジュク状態になってしまった柿は食べにくいもの。

そんなときは、冷凍庫に入れて凍らしてからたべると、
シャーベット状になっておいしく食べることができます。

電子レンジの臭い取り

電子レンジに付いた嫌なにおいには、耐熱容器に水とミカンの皮をいれてレンジでチンをすれば、水蒸気と一緒にミカンの成分が広がり、すぐに布巾でレンジ内を拭けば、臭いを取り除くことができます。

 

☆ワンポイント

ミカン以外でも、柑橘類の皮なら代用できます。

卵の保存

卵の殻には、食中毒の原因となるサルモネラ菌が付着している場合があるので、買ってきた卵は、冷蔵庫の棚に移し変えるのではなく、パックにはいったまま冷蔵保存した方が安心です。

冷凍商品を素早く解凍

刺身やお肉等を冷凍庫から取り出した際、解凍する時間があまりないときは、食材を密封できるジッパーなどに入れ、空気をしっかり抜いて、水をいれた鍋などに入れておくと、解凍にかかる時間を大幅に短縮することが出来ます。

湯炊きで素早くご飯を炊く

急いでいる時や、夕飯の時刻なのにまだご飯が炊けていない時等、少しでも早くご飯を炊きたいときは、水の変わりにお湯を張ってご飯を炊きはじめると、ご飯がはやく水分を吸収するので、時間を短縮することが出来ます。

古くなったお米を美味しくする裏技

古いお米は独特の臭いがあったり、ぽろぽろと崩れ易くなったりと、なかなか食べにくいもの。

そんなときは、お米2合に対して小さじ一杯のみりんを混ぜて炊くと、臭いが消えてふっくらとしたご飯を炊くことができます。

フランスパンの復活

カチカチに固まってしまったフランスパンは、適度に切った後、一度水につけて、十分に水分を含ませてから、オーブンで焼くと、まるで焼きたてのようにふっくらとした食感を取り戻すことが出来ます。

 

☆ワンポイント

固いまま、バター・蜂蜜・砂糖を表面につけて焼けば、お菓子感覚の手作りラスクの出来上がりです。

製氷機の水

冷蔵庫についている自動製氷機にミネラルウォーターや浄水機を通した水をいれて放っておくと、除菌作用が無い為、カビや水あか等が発生する可能性があります。

半分から三分の一程度水道水を混ぜたものを使えば、水道水に含まれる塩素が雑菌の繁殖を抑えてくれます。