車頭時間

追突事故の予防には車間距離をとることが大切ですが、もっと簡単に一定の目安を設ける事が出来る「車頭時間」という物があります。

これは、前の車が目印となる標識などを通過してから自分の車がその場所を通過するまでの時間を数える物で、最低でも3秒以上の車頭時間をとることが望ましいようです。

☆ワンポイント

車頭時間には、車の速度が速くなると、車間距離も長くなるという利点があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です