「粉末洗剤」と「液体洗剤・ジェルボール」のメリットとデメリット

粉末洗剤は泥やシミに強く、液体洗剤は油汚れに強いと言われますが、ご家庭の環境によって、一概には言えないので、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

〇粉洗剤のメリットとデメリット

メリット

アルカリ性なので洗浄力がとても強い。

値段が安い。

見えない汚れもしっかり落とし、白い衣類なども黄ばみにくい。

お風呂の残り湯(30℃以上)と相性がいい。

デメリット

衣類を痛めやすい。

ウール等のデリケート素材と相性が悪い。

液体洗剤に比べ洗濯時間がかかる。

粉末が十分に溶けないと洗浄力が落ち、溶け残りがカビの原因になる。

低い温度の水と相性が悪い。

こぼしてしまうと掃除が大変。

〇 液体洗剤・ジェルボールのメリットとデメリット

メリット

短い時間でも効果が期待できる。

衣類に優しい。

色落ちしにくい。

すすぎが一度でいい。

部屋干しに強い。

柔軟剤入りの物もあり便利。

除菌効果や消臭効果が高い。(香りがいいものも多い。)

直接ピンポイントで汚れの染みにかけられる。(液体洗剤)

場所をとらず手間なく使えて簡単。(ジェルボール)

デメリット

粉末洗剤と比べて割高。

見えない汚れが残っている場合がある。(黄ばみの原因になることも。)

詰め替えが面倒。

洗浄力は粉末洗剤より劣る。

冷凍うどんを美味しくする裏技

 【冷凍うどんの美味しい食べ方】

 好きな時に食べられるとても便利な冷凍うどん。

 その冷凍うどんにひと手間加えることでさらにおいしく食べられる方法があります。

 それは、冷凍庫から取り出したうどんにサッと水をかけ、そのまま電子レンジでチンするだけ。

 これによって、外側にだけ水分が浸透するので、打ち立てのようにコシのあるうどんを楽しむことができます。

 
 ☆ワンポイント

 表面の氷を落とすので、冷凍の嫌な臭いも取れて一石二鳥です。

 
 ドラッグストア等で格安で売っている生タイプのうどんを冷凍しても、この方法を使えば美味しく食べる事ができます。

腸まで届く乳酸菌を選ぶなら

健康だけでなく、ダイエット効果や美肌効果等、美容にもいいとされる乳酸菌。

出来れば腸までとどいてほしいもの。

そんな時は、植物性乳酸菌を多く含むキムチや味噌、ぬか漬け等がおすすめ。

植物性乳酸菌は、ヨーグルト等の動物性乳酸菌に比べて酸に強い性質を持ち、

腸までしっかりと届いてくれます。

風邪対策の手洗いを効果的にするポイント

風邪予防には、

家に帰ったら直ぐに手洗いをすることが効果的ですが、

コート等の上着を脱いでから手を洗う事が大事です。

上着には細菌やウィルスが付着していることが多く、

洗った手に再度付着してしまうことになります。

☆ワンポイント「マスクの表面はウィルスだらけなのでご注意」

使い捨てマスクを脱ぐ時も、出来るだけ表面には触らずに、

ビニール袋に入れて結び、ゴミ箱に捨てた方がいいです。

放置してしまうとウィルスが部屋中に舞ってしまう事もあります。

扇風機を2台利用して部屋をより涼しく

 【扇風機2台で部屋を涼しく】

 普通は扇風機は部屋に1台ですが、

 1台だけだと、対流が生まれず、部屋の温度を下げる事は難しいです。

 しかし、扇風機を2台使用することで、

 風に圧力差が生まれ、空気が循環して部屋全体の温度を下げる効果が生まれます。

 

 ☆ワンポイント

 2台の風向きを上下で差をつけるとより効果的です。

 扇風機は電気代もエアコンの10分の1と言われているので経済的です。

 寝る時は、必ずタイマーを付けるか、直接体に風が当たらないようにしましょう。
  (眠ると体温が下がるので、風邪の原因となります)

ガムを踏んでしまったら

 落ちていたガムを踏んで、靴の裏にべっとりとついてしまったら取るのが面倒ですよね。

 そんな時は、ビニール袋に入ったままのポケットティッシュをガムの上に当てて、

 そのままの状態で20mほど歩くと、

 ティッシュのクッション性と、

 接着面が広くてツルツルのビニールの性質が合わさり、

 ガムを靴底からポケットティッシュ側にきれいに移動させる事が出来ます。

振ってしまった炭酸飲料を拭きこぼれないようにする方法

 飲もうと思った炭酸飲料をうっかり落としてしまって、蓋を開けると爆発してしまう。

 そんな状況ありますよね。
 
 そんな時は、缶やペットボトルを回転させながら指先でトントンと20回ほど弾くと、

 振動によって液体の中に発生していた泡が空気中に逃れ、

 蓋を開けてもジュースが溢れ出さなくなります。 

 ☆ワンポイント

 他にも、容器を喉元にあて、30秒ほど鼻歌を歌っても上記と同様の効果があります。

お弁当のリンゴを変色させない方法

 【お弁当の林檎】

 美味しくて栄養価の高いリンゴはお弁当にぴったりですが、

 お弁当を開けると、時間の経過とともに茶色くなって見た目が悪いですよね。

 そんな時は、切ったリンゴをレモン味の炭酸飲料に5分程度つけておくと、

 時間がたっても変色しにくくなり、

 ビタミンCやクエン酸が加わってよりおいしくて、栄養価が高いものになります。

 ☆ワンポイント

 炭酸が抜けた物でも効果があります。

ドアノブの静電気

 冬になると、ドアノブ等の金属の物を触ると静電気が発生しやすくなるので嫌ですよね。

 そんな時は、一度、木やコンクリート製の壁などに手のひらを数秒あててから触ると、

 体内にたまった静電気が事前に放出されて、ドアノブを触っても痛くなくなります。

  
 ☆補足

 金属製の物は、静電気が100万分の1秒もかからずに一気に放電されるので痛みますが、

 木やコンクリートは、2~3秒かけてゆっくり放電するので痛みを伴わないのです。

針の糸通しを簡単にする裏技

 針に糸を通すのは何かと骨が折れるもの。

 特に小さな針は穴が見えにくいですよね。

 そんな時は、黄色い物の上で糸を通すと、通常よりも明るく見えるようになり、

 穴がはっきりと分かるので、比較的簡単に糸を通すことができます。

 ☆ワンポイント

 黄色い折り紙を裁縫箱に入れておくと便利です。