「粉末洗剤」と「液体洗剤・ジェルボール」のメリットとデメリット

粉末洗剤は泥やシミに強く、液体洗剤は油汚れに強いと言われますが、ご家庭の環境によって、一概には言えないので、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

〇粉洗剤のメリットとデメリット

メリット

アルカリ性なので洗浄力がとても強い。

値段が安い。

見えない汚れもしっかり落とし、白い衣類なども黄ばみにくい。

お風呂の残り湯(30℃以上)と相性がいい。

デメリット

衣類を痛めやすい。

ウール等のデリケート素材と相性が悪い。

液体洗剤に比べ洗濯時間がかかる。

粉末が十分に溶けないと洗浄力が落ち、溶け残りがカビの原因になる。

低い温度の水と相性が悪い。

こぼしてしまうと掃除が大変。

〇 液体洗剤・ジェルボールのメリットとデメリット

メリット

短い時間でも効果が期待できる。

衣類に優しい。

色落ちしにくい。

すすぎが一度でいい。

部屋干しに強い。

柔軟剤入りの物もあり便利。

除菌効果や消臭効果が高い。(香りがいいものも多い。)

直接ピンポイントで汚れの染みにかけられる。(液体洗剤)

場所をとらず手間なく使えて簡単。(ジェルボール)

デメリット

粉末洗剤と比べて割高。

見えない汚れが残っている場合がある。(黄ばみの原因になることも。)

詰め替えが面倒。

洗浄力は粉末洗剤より劣る。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より

粉洗剤と液体洗剤の違い

 粉末洗剤は、アルカリ性の力で泥や食べ物のシミ等、酸性の汚れを落とすことに優れています。

 一方、液体洗剤は界面活性剤の力で、水と油を融合させて、衣類に洗剤を浸透しやすくさせるので、油汚れに適していると言われています。

粉末洗剤と液体洗剤のメリットとデメリット

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より

マスクをした時のメガネを曇らなくする生活の知恵

〇その場でサクッとくもり止め予防

眼鏡をかけている方は、マスクをするとレンズが曇ってしまい何かと不便ですよね。

そんな時は、マスクの上の端を1センチほど内側に折りたたんで装着すると、

口から出た湯気が上部から抜けにくくなり、くもりを軽減します。

 

〇ちょっと手間はかかるけど効果的な方法

折りたたんだティッシュを鼻とマスクの間に挟んで隙間を埋める方法もオススメです。(丁度いい幅や厚さに調節するとなお効果的です。)

↓こんな感じにティッシュを折りたたんで

ワイヤーで形を整えれるように重ねます。

お試しあれ。

無料メルマガ『
10秒で読める生活の知恵』より

海外旅行に行くときはポケットティシュを持って

外国では日本のティッシュのように肌触りのいいものが少なく、値段も非常にたかいので、スーツケースに隙間があったらポケットティッシュを詰め込んでおけば、荷崩れが少なくなり、帰りにお土産などのスペースを作るために、簡単に捨てることができるのでお得です。

無料メルマガ『
10秒で読める生活の知恵』より

旅行先での洗濯

旅行中に下着などの小物類を洗濯する必要があるときは、

わざわざ洗濯洗剤をもっていかなくとも、

ホテルや旅館に備え付けてあるシャンプーを使えば、

もともと髪につかうものなので、衣類を傷めることもなく、

綺麗によごれを落とすことができます。

無料メルマガ『
10秒で読める生活の知恵』より