テレビ画面につくホコリ予防

静電気によってホコリが付着し、すぐに汚れてしまうブラウン管のテレビ画面は掃除も面倒なもの。

そんな時は、画面全体にリンスを塗ると、リンスに含まれる界面活性剤が静電気の発生を抑えて、ホコリがつきにくくなります。

電子レンジの掃除

電子レンジの中に汚れやゴミが落ちていると、電子レンジのマイクロ波がムダに消費されます。

こまめに掃除することで約10%近く効率がアップします。

掃除機の上手な使い方

掃除機をかけるときに、ゴミが良く吸い取れるようにと力いっぱい床に押し付けながら動かすのは逆効果。

吸い込み口から入る空気がゴミを巻き上げるので、少し隙間を空けるようにしたほうが吸引力がアップします。

絨毯にこぼした醤油

絨毯に醤油や牛乳をこぼしてしまった時は、水をその上に多目にかけてから、雑巾などをその上に敷いて、その雑巾に掃除機をあてて吸い込むと、水といっしょに醤油などの汚れが雑巾に吸収されていきます。

アイロンの汚れ

アイロンの底にノリやサビが付いて汚れてしまった時は、布に歯磨き粉をつけてこするようにして拭くと汚れを落とす事が出来ます。

☆ワンポイント

上の方法でも落ちない汚れには、少し固めのスポンジに食用油を付けてこすることをおすすめします。

シールのはがし方

ヘアードライアーをシールの上からあてながら少しずつめくっていくと、固まっていた接着剤が熱で溶けて、きれいにはがす事が出来ます。

☆ワンポイント

ガラスにシールがはってあるものは、熱でガラスが割れてしまうかもしれないので使えません。

製氷機の水

冷蔵庫についている自動製氷機にミネラルウォーターや浄水機を通した水をいれて放っておくと、除菌作用が無い為、カビや水あか等が発生する可能性があります。

半分から三分の一程度水道水を混ぜたものを使えば、水道水に含まれる塩素が雑菌の繁殖を抑えてくれます。

アイフォンとアンドロイドどっちを選べばいい?10秒で比較

スマホを選ぶ際に必ず選択することになる。

アイフォンとアンドロイドの比較をデメリットを中心に考えてみたいと思います。

以前は、アプリを中心に使い勝手はアイフォンの方が上でしたが、

近年はその差はなくなりつつあります。

ハードも、基本的に一年に一度しか発売されないアイフォンと違い、

アンドロイドはいろいろなメーカーから毎月のように発売されているので、

性能の高い製品が多いです。

しかも、OSの開発にお金を掛けなくてもいいので、

値段もアンドロイドの方が間違いなくお得になります。

さらに、多くの機種の中から自分に必要な機能をもった製品を選択できるというメリットもあり、microSDが使えるのもアンドロイドの優位な点かもしれません。

ここまでAndroidの利点ばかり行ってきましたが、

当然デメリットもあります。

それは「Android OS」。

iphoneのに搭載されている「iOS」は、

Appleの管理する部品でつくられた製品を前提に作られているため、

OSのバージョンアップが簡単にできます

しかし、一方のアンドロイドはそれぞれのメーカーがそのバージョンのOSのみ前提で作られているので、簡単にバージョンアップができないのです。

なので、新しいアプリを使おうと思っても、

古い「Android」だと利用できなかったりします。

 

結局、どちらがいいか迷ってしまうかもしれませんが

個人的に言わせてもらえれば、

どれだけの期間そのスマホを利用する予定なのかを目安に選ぶのも一つの考え方なのではないでしょうか。

もちろん他にもいろいろな要素がありますが、

短期間の利用なら、その時点で最新のアンドロイドの方がメリットが多く、

長期間の利用ならOSを最新に保てるアイフォンの方がメリットが多い気がします。

あまりOSの差が話題になることは少ないので、

購入の際の参考になればうれしいです。

※最近はAndroid Oneというバージョンアップデートを保証するAndroidもあります。