海外旅行に行くときはポケットティシュを持って

外国では日本のティッシュのように肌触りのいいものが少なく、値段も非常にたかいので、スーツケースに隙間があったらポケットティッシュを詰め込んでおけば、荷崩れが少なくなり、帰りにお土産などのスペースを作るために、簡単に捨てることができるのでお得です。

熱いものを冷蔵庫に入れたときの電気代

冷蔵庫や冷凍庫に作りたての食品を入れる場合は、十分冷ましてからいれましょう。

想像以上に余分な電気代がかかってしまいます。

また、電気代の節約だけじゃなく、まわりの食べ物も痛みやすくなります。

刺身の残り

鮮度が落ちやすい刺身が残ってしまったら、醤油をまぶして冷蔵庫に入れておくと、いわゆる「ヅケ」状態になり、次の日もおいしく食べる事が出来ます。

☆ワンポイント

香り成分に防腐効果が含まれるワサビを刺身の横に添えるのも効果的です。

シジミの栄養価をアップする裏技

二日酔いの疲れた肝臓に良いといわれるシジミ。

このシジミ、実は一度冷凍してから料理に使うと、

オルニチンという肝臓の機能を回復してくれる成分が8倍になり、

より健康的に食することができるようになります。

ひな人形の片付け

雛人形を片付ける時は、出来るだけ天気の日が望ましいです。

雨や曇りの日に片付けると、湿気を含んでカビが発生しやすくなってしまいます。

新しいキュウイ

まだ十分には熟れていない、お店で買ったばかりのキュウイを、早く熟成させたい場合は、バナナやリンゴと一緒の袋に入れて置いておくと、熟すまでの時間を大幅に短縮する事が出来ます。

☆ワンポイント

もっと早く食べたいという時は、ラップに包んで電子レンジで暖めるという方法もあります。

ご飯の上手な冷凍の仕方

余ったご飯を上手に冷凍する方法のご紹介です。

1、暖かいままサランラップに包んで冷ます。(水分を逃がさないため)

2、出来るだけ平べったくする。(冷凍時間を短縮)

3、サランラップの上からアルミホイルで包む(下に敷くだけでも効果あり)

おいしく食べるために、冷凍したご飯は一ヶ月を目処に食べきるようにしましょう。

カレーやシチューの保存容器

余ったカレーやシチューを冷蔵庫に入れる際に使う保存容器は、

四角いものより丸いものの方がいいです。

四角い容器の場合、電子レンジで温め直す際に、

中央と四隅で加熱ムラができてしまい、おいしさが半減してしまいます。

生卵の保存方法

買ってきた生卵を冷蔵庫に入れるときは、できるだけ尖った方を下にして入れましょう。

丸い方には、呼吸をする為の「気室」と呼ばれるものがあり、それを上にすることで鮮度が保ちやすくなり、卵が長持ちするようになります。

カレーやシチューを簡単に冷凍保存する裏技

ついつい作りすぎてしまい、残ってしまったカレーやシチュー。

ビニール袋に入れても、破れてしまったり、解凍する時に面倒ということも多いです。

そんな時は、飲み終わった牛乳パックを利用します。

牛乳パックにシチューを入れて冷凍庫に入れれば、こぼれる事も無く、冷凍庫内がスッキリして、解凍時もパックをハサミで切るだけで簡単に食べることができます。