水に関する地名の土地

「池」「川」「沼」等の漢字が使われている地名の土地を購入するときは注意しましょう。

元は湿地帯であった可能性が高いので、大雨の時に被害がでやすいです。

もちろんそうでない時もありますので一度お調べください。

サービスルームにご注意

建築基準法で居室の有効採光率が決められているため、本来は部屋としては売れないものを、「2LDK+S(サービスルーム)」といった表現であらわされています。

値段的には割安なのですが、元々無理矢理部屋にしてあるものなので、避けたほうがよいようです。

土地を買う時は「盛り土よりも切り土」

新しく土地を造成して作られた土地を購入するときは、出来るだけ造成される前の状態をしらべてみましょう。

盛り土をされた土地は、地盤が弱く耐震性が不安です。

一方の切り土は、土を取り除いただけなので地盤の強さは通常と変わりません。

電柱の売家のビラは信用しない

よく電柱に「家売ります」等の不動産広告が張られている場合がありますが、本来は電柱に不動産広告を張ることは違法行為です。

そのようなことをする業者はなるべく避けたほうが良いです。
(広告に関する規制も無いので、実際のものとかなり違っている場合もあるようです。)

マンションの選び方

マンションの最上階は眺めがよいのですが、それよりも上が無いので、直接外気温を受けてしまい、夏は暑く、冬は寒いということになります。

それよりは、その一つ下の階の方が値段も安くオススメです。

家を買う時は天井裏を見る

見えるところは綺麗でも、普段は目にしないところは雑に作られているような家は、時間の経過とともにカビや戸の傾きなどのトラブルも起こりやすいものです。

電気工事等のために天井裏は覗けるように作られているので、家の骨組みなどを調べてみることが良い。

中古車の試乗

中古車に試乗した時は、出来れば高速道路で乗ってみることがポイントになります。

80キロ以上の高速走行をして、エンジンに通常よりも負担がかかった時の状態を調べておくことが重要です。

他にもエアコンの匂い等の状態も調べておきましょう。

電池を買うなら大手量販店

電池は保管状況によって寿命が大きく左右されます。

あまり売れていない店や、直射日光が当たる場所に置かれていたものは、電池寿命が短くなっているので避けた方がいいようです。

石油ストーブの汚れ

石油ストーブは、反射板が汚れていると暖房効果が落ち、燃費も悪くなります。

そんな時は、柔らかい布に住居用洗剤を染み込ませて拭いた後、十分にからぶきをすればピカピカにすることが出来ます。

☆ワンポイント

匂いが気になりますが、石油をこぼしてしまった時等に拭くのに使った、石油のしみこんだ布で磨いても、十分高い効果が期待できます。

アイロンの電気代節約

消費電力の大きいアイロンをかける際、アイロン台をアルミホイルで覆ってからアイロンをかけると、アルミホイルが熱を反射し、効果的でより綺麗にアイロンをかけることが出来ます。