自宅で一番簡単に作れる手作りマスク

 キッチンペーパーと輪ゴムだけで簡単に出来る自作マスクの作り方をご紹介。

 1、キッチンペーパーの横幅を、19~20センチになるように切ります。

  (市販の大人用マスクが17センチ程度という理由ですが、ご自分に合うように調整してください。)

 2、プリーツと呼ばれる段々を作ります。5~6段あれば十分です。

  使い捨てマスクにある様な波が下向きになる折りかたです。
  これは、肌にフィットし易くするためと、花粉や埃が下に落ちやすくする効果もあるそうです。

   市販のマスクの様に真ん中から上と下で波を逆にするとよりフィット感がましますが、慣れないと手間がかかるのであまりおすすめしません。

   ハリセンのように単純に山折り谷折りを繰り返しても時間がかからないのでお勧めです。

 ハリセン型なら輪ゴムを真ん中あたりに通してホッチキスで止めればここで完成です。
 ただ、アヒルの口の様になって、個人的に使いずらかったです。

 3、強度を出すために両サイドを1センチ程中に折りたたんでホッチキスで止めます。

 4、最後に輪ゴムを付ければ完成です。

輪ゴムがしっかりはまるように上からホッチキスを刺すのがポイントです。
(意外に失敗しやすいです)

 ☆ワンポイント

 さすがにこれをつけて外に出るのは勇気がいると思うので、

 あくまでも、ご自宅でご家族への飛沫感染を抑えるための簡易マスクとしてお使いください。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より


鍋のふきこぼれ防止

パスタ等を茹でる際。ふきこぼれてしまって、掃除が大変になるって事ありますよね。

そんな時、台所にある物を鍋に一緒に入れておくとふきこぼれなくなります。

それはスプーン。

スプーンを入れることでお湯の流れが乱れ、

泡が鍋のフチにたまらなくなってふきこぼれなくなります。

☆ワンポイント

スプーンの代わりにフォークをいれても同様の効果があります。

無料メルマガ『
10秒で読める生活の知恵』より


食パンを包丁で上手に切る方法

食パンを包丁で切る際は、ふにゃふにゃしてなかなか切りづらいもの。
そんな時は、切る前に包丁をガスコンロであぶってから切ると、型崩れやパン屑が落ちにくくなり上手に切る事が出来ます。

 

☆ワンポイント

何枚も切る時は効果が薄れてしまうので、こまめに火であぶることがポイントです。

無料メルマガ『
10秒で読める生活の知恵』より