玉ねぎを生でも美味しく食べる方法

 血液をサラサラにする成分を多く含む玉ねぎ。

 特に、生で食べると効果が高くなるので、サラダがお勧めですが、その際は、横に半分に切って下半分を使うと、

 繊維が柔らかく、生食に適しているので美味しいサラダを作ることができます。

 ☆ワンポイント

 一年中手に入りますが、特に9月から旬となるので栄養価が高くなり、抗酸化作用のある「ケルセチン」を2倍近く多く含んでいるそうです。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より

まだ青いトマトをお家で追熟する方法

スーパー等で購入してきたトマトを、すぐに冷蔵庫に入れるのはもったいないです。

 まだ青みが残っているトマトは特に。

 通常、店頭で売られているトマトは熟す前に収穫しているので、家庭で追熟することができます。

 冷蔵庫に入れず、ヘタの部分を下にして太陽の当たる場所に数日置いておけば、甘さと栄養価が増し、綺麗な赤色のトマトになります。

 
 ☆ワンポイント

 ミニトマトは、完熟してから収穫しているので冷蔵庫に入れてすぐに食べた方がおいしいです。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より

レモンは皮を下に

 【レモンの向き】

  
 唐揚げや揚げ物を注文すると大抵ついてくる三日月形にカットされたレモン。

 普通は皮の面を上にして絞りますが、

 柑橘系の香り成分リモネンは、皮に多く含まれるので、

 皮の部分を下にして絞った方が、より多くレモンの風味・香りを味わう事が出来ます。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より

冷凍うどんを美味しくする裏技

 【冷凍うどんの美味しい食べ方】

 好きな時に食べられるとても便利な冷凍うどん。

 その冷凍うどんにひと手間加えることでさらにおいしく食べられる方法があります。

 それは、冷凍庫から取り出したうどんにサッと水をかけ、そのまま電子レンジでチンするだけ。

 これによって、外側にだけ水分が浸透するので、打ち立てのようにコシのあるうどんを楽しむことができます。

 
 ☆ワンポイント

 表面の氷を落とすので、冷凍の嫌な臭いも取れて一石二鳥です。

 
 ドラッグストア等で格安で売っている生タイプのうどんを冷凍しても、この方法を使えば美味しく食べる事ができます。

無料メルマガ『 10秒で読める生活の知恵』より

腸まで届く乳酸菌を選ぶなら

健康だけでなく、ダイエット効果や美肌効果等、美容にもいいとされる乳酸菌。

出来れば腸までとどいてほしいもの。

そんな時は、植物性乳酸菌を多く含むキムチや味噌、ぬか漬け等がおすすめ。

植物性乳酸菌は、ヨーグルト等の動物性乳酸菌に比べて酸に強い性質を持ち、

腸までしっかりと届いてくれます。

無料メルマガ『
10秒で読める生活の知恵』より

普通のトマトとミニトマトの栄養価の違い

 【栄養価で選ぶならミニトマト】

 リコピンやβカロチン等が豊富に含まれるトマト。

 栄養価を考えるなら、通常の大きさのトマトよりもミニトマトの方がベターです。

 通常のトマトは完熟する前に収穫しているのに対して、

 ミニトマトは皮が硬いので、完熟してから収穫出来るために、

 十分な栄養素を含んでいます。

 
 βカロテンは約2倍。

 リコピンは約3倍と言われています。

無料メルマガ『
10秒で読める生活の知恵』より

お弁当のリンゴを変色させない方法

 【お弁当の林檎】

 美味しくて栄養価の高いリンゴはお弁当にぴったりですが、

 お弁当を開けると、時間の経過とともに茶色くなって見た目が悪いですよね。

 そんな時は、切ったリンゴをレモン味の炭酸飲料に5分程度つけておくと、

 時間がたっても変色しにくくなり、

 ビタミンCやクエン酸が加わってよりおいしくて、栄養価が高いものになります。

 ☆ワンポイント

 炭酸が抜けた物でも効果があります。

無料メルマガ『
10秒で読める生活の知恵』より

安いお米をおいしくする裏技

スーパーでは、安いお米から、ブランドの高級米までいろいろありますね。

でも、できれば出費を抑えたいもの。

そんな時は、安いお米でもおいしく炊ける裏技があります。

それは、お米を炊くときに小さじ一杯のハチミツを入れる方法。

蜂蜜に含まれるアミラーゼという酵素が、米のでんぷんを分解して、甘さを引き出して、ブランド米のようなおいしい味に生まれ変わります。

☆ワンポイント

お米の保水性も高まるので、ふっくらと炊きあがります。

無料メルマガ『
10秒で読める生活の知恵』より

アサリの砂抜きの時短

買ってきたアサリを砂抜きしようとすると、数時間かかってしまい、ご飯に間に合わないという時ありますよね。

しかし、砂抜きをたった10分で終わらせる方法があります。

それは、50度くらいの温度のぬるま湯にアサリを入れるだけ。

アサリが身を守ろうとして、汚れや砂を吐き出しやすくなります。

☆ワンポイント

沸騰したお湯と同量か、ちょっと多い位の水道水を混ぜると丁度50度くらいになります。

60度以上になってしまうと煮えて味が落ちてしまうのでご注意。

塩を少量入れるのも砂抜きに効果的です。

無料メルマガ『
10秒で読める生活の知恵』より