アサリの砂抜きの時短

買ってきたアサリを砂抜きしようとすると、数時間かかってしまい、ご飯に間に合わないという時ありますよね。

しかし、砂抜きをたった10分で終わらせる方法があります。

それは、50度くらいの温度のぬるま湯にアサリを入れるだけ。

アサリが身を守ろうとして、汚れや砂を吐き出しやすくなります。

☆ワンポイント

沸騰したお湯と同量か、ちょっと多い位の水道水を混ぜると丁度50度くらいになります。

60度以上になってしまうと煮えて味が落ちてしまうのでご注意。

塩を少量入れるのも砂抜きに効果的です。

美味しい蟹の選び方

スーパー等でカニを選ぶときのポイントをご紹介。

蟹は脱皮をして成長しますが、脱皮をしてしばらくは、餌をとらず、栄養不足で身がスカスカになっています。

なので、蟹を選ぶときは、殻が固く、見た目は悪いですが「フジ壷」がくっついているものが脱皮してから時間がたって、身が多く美味しいカニということができます。

簡単!子供用カレーの作り方

小さいお子さんのいる家庭では、別々にカレーを作ったり、子供にあわせて辛さを抑えたカレーを作ってみんなで食べるなど、色々不便なもの。

そんなときは、大人用の辛口カレーに、粉末ポタージュスープの素を好みにあわせて混ぜれば、辛さを抑えて、子供好みのカレーを作ることができます。

一晩寝かせたカレーを作る方法

カレーは、作ったその日よりも、一晩寝かせた方がコクがでておいしくなるもの。

そんな一晩寝かせたカレーを短時間で作ってしまう方法があります。

それは、出来たカレーの鍋を、氷を張ったボールの中にいれて十分に冷やしてから、再度温め直すというもの。

冷やすことで肉や野菜が縮まり、アミノ酸が外にでてコクを出してくれるのです。

シンが残ってしまったご飯

お米を炊いたとき、炊き時間や水の量を間違えてシンがあるご飯ができてしまったときは、

箸を刺して数箇所穴をあけ、そこに日本酒を数滴たらしてしばらく蒸すと、硬さがとれ、シンを消すことができます。

カレーの温め直し

時間がたって、冷たくなったカレーを再度温めなおす際、そのまま火にかけると焦げ付きやすく、水を加えれば味が薄まってしまうもの。

そんなときは、水の変わりに、ヨーグルトを入れて火にかければ、焦げ付きにくくなり、ヨーグルトの酸味が味を引き立ててまろやかにしてれます。

カレーの隠し味

カレーにリンゴやトマトを入れると味がまろやかになることはよく知られていますが、これは酸味がプラスされることによるもの。

なので、リンゴやトマトがないときは、代わりにお酢を小さじ一杯くわえることでも味がマイルドになって食べやすくなります。

生魚を調理する時

生魚を調理する際、生臭いにおいが気になってしまうときは、調理する前に魚に酢を振りかけてしばらくおいてから調理すると、いやな臭いが消えて、食べやすくなります。

ステーキ肉を美味しくする方法

固いステーキ肉でも、10分~20分間コーラに漬けてから焼くと、コーラの成分である酸味料が肉のうまみ成分を閉じ込め、肉を柔かくし、ジューシーで美味いステーキ肉に仕上がります。

☆ワンポイント

片栗粉をまぶしてから焼くと、臭みが無く、やわらかくなります。

納豆のニオイをとる方法

健康に良いとわかっていても、臭いが嫌で納豆が食べられないという方も多いはず。

そんなときは、納豆に小さじ一杯の酢を混ぜると、臭いがとれて、食べやすくなります。